FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

はじめに

サラリーマンが本を書こうとしています。タイトルは『記号の中の幽霊』といいます。その構想を練るスペースが、このブログです。基本的に私的なメモなので、読者のことはあまり考えていません。

何の本かひとことで言えば、レトリック論の本です。レトリックって何だろう。あの何か人を感動させたり、説得したりするために、言葉を工夫する、技術みたいな奴か。たしかに、一般的にはそう考えられているのですが、この本で私が言いたいことは別のところにあります。

なぜいまレトリックなのか。最近、脳科学や、心の哲学が流行しています。さまざまな方法で、人間とは何かを解明しようとしている。しかし、どうもあちこちで難しい問題にぶつかっているようです。おそらく、これらの問題の背後には何か根本的な間違いがあって、その枠組みの中で、まじめに考えていても解けないのではないか。そして、その根本的な間違いというのは、言語に対する誤解なのではないか。

人間という謎の解明を妨げているであろう、誤解としての言語。これを本の中では「信号言語モデル」と呼んで批判します。そして、そのカウンターとして、レトリックをヒントにした「転換言語モデル」を提出したいと思っている。……のですが、まだどこまで書けるのか、よく分かっていません。

そもそも、最初は駄洒落の研究書を書くつもりでいました。このブログも当初は「片言隻句駄洒落考」「シーソーの上の双子」などと、よく分からないタイトルがついていたものです。それと、オマケですが、買った本を読まずに書評する、というコーナーがあります。なぜ買ったかを書く。なので、内容と違うことも平気で書きますが、気にしないで下さい。読んだ感想は、あまり書きません。

冗談を本気で考えるのが好きです。本の完成がいつになるか分かりませんが、末永くお付き合い頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

2009.8.9 みずすまし記


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。