FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2009/5/27(水)の構成

再構成してみた。これはまだ独りよがりなメモに過ぎないが、多義性とアスペクト知覚を区別することで、レトリックが挟まるための流れはよくなった気がする。


**********

α まえがき

Ⅰ 言語の中の人間
 1 人間という不思議(主体概念が引き起こすアポリアの提示)
  (1) なぜ宇宙は誰もいない映画館ではないのだろうか
  (2) 決定論と自由意志の問題
  (3) 動物としての人間 - 合理主義的な人間観
  (4) なぜ言語なのか 行為を記述する人間
 2 言語の何が問題なのか
  (1) 合理 表象 etc.
  (2) 自然言語処理
  (3) 言語の一義性モデル(信号モデル)
 3 言語と人間
  (1) 人間の過大評価と過小評価
  (2) 人間の認識にとって多義性とは何か
  (3) 多義性の見本市としてのレトリック (反例の形成・矛盾点の指摘)

Ⅱ レトリック
 1 レトリック概論
  (1) 考察の枠組み
   ① 創作と鑑賞と分析と
   ② レトリック研究の分類
    ・ レトリック1.0 はたらきの分析
    ・ レトリック2.0 かたちの分析
  (2) レトリック研究の歴史
   ① 古代ギリシア
   ② 中世ヨーロッパ
   ③ 近・現代
 2 レトリックのカスタマイズ
  (1) 比喩と駄洒落と擬人法と
  (2) ルビンの壺とウィトゲンシュタイン
  (3) レトリック3.0 アスペクト分析の記号部門

Ⅲ 記号の中の幽霊
 1 言語観の変容
  (1) 言語の起源 (反ダーウィンの言語観)
  (2) レトリック3.0から見た言語
  (3) 既存の言語モデルとの関係
   ① 構造言語学 ソシュール
   ② 生成文法  チョムスキー
   ③ 分析哲学  フレーゲ ~ デビッドソン
   ④ 認知言語学 レイコフ
 2 人間観の変容(認知科学)
  (1) 人間の謎は解けたのか
  (2) 記号の中の幽霊
  (3) アスペクトの物理的な基盤についての仮説
  (4) 人工知能
 3 まとめ

Ω あとがき

**********


多義性とアスペクトの区別というのは、どういうことか。たとえば、チェスチャンピオンのカスパロフに勝ったチェスプログラム、ディープ・ブルーを考えればいい。チェスゲームにおいて、一手の意味は多義的である。コンピュータも多義性を扱える。ただ、アスペクト知覚ができないだけなのだ。

進んでは戻り、戻っては進む。試行錯誤しか戦略を持たずに、ルービックキューブで遊んでいるみたいだ。あるところまで進んでしまえば、きっとあとは粘土細工と同じことになるのだけれど。


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。