FC2ブログ

なぜ言語なのか

人間とは何か。行為するものである。行為を行為たらしめているものは何か。言語による記述である。これは人文現象にとって本質的な側面ではないか。

自然現象とは事情が異なる。人間が書こうが書くまいが、あるいは見ようが見るまいが、落下するりんごの運動はあらかじめ決まっていると考えてよい。ところが、行為の意味は記述で変化するのだ。

たとえば、言葉がなければ人間は存在しないのだと言ってみる。誤解して欲しくないが、言葉を喋れない、聞き取れない者、あるいは言葉の読み書きができない者は人間ではない、というような差別的な主張をしたい訳ではない。物理的な対象としての人間ではなく、まず何として人間が記述されているかということ。ウィトゲンシュタインに倣って言えば、人間という語の用法が問題なのである。

さて、しかし、動物も行為するように見える。犬や猫を見ても、腹が減ったんだなとか、怒っているなというようなことは分かる。動物行動学という学問もある。これはどういうことなのだろうか。


5:主体について

私は「主体/客体は対象の性質ではない」とよく書く。次のように補足すると分かり易いかもしれない。「主体/客体は対象の性質ではない、それは言葉の問題である」

2009.05.09 17:38 みずすまし #LxEYYn16 URL[EDIT]
6:ミステリー

「行為の意味が記述で変化する」それを文学として専門にやっているのが、ミステリー小説であろう。犯人はどんな動機で、何をしたのか。

2009.07.26 21:20 みずすまし #CFPTHnbU URL[EDIT]
21:言語

初めまして。別なブログからここにたどり着きました。

言語といっても、幅が広いですよね
話し言葉に、書き言葉
私が思うに、単なる「あれがしたい」「これがしたい」と思う程度の意識の場合は話し言葉程度でいいのでしょうが、形而上的な観念的なことを考えるような意識の場合は文字の発明が大きく寄与してきたんじゃないかと思っています。

いろいろお忙しいのでしょうが、ブログの更新、楽しみにしてます。

2015.07.05 10:20 うーたん #- URL[EDIT]
22:Re: 言語

いらっしゃいませ。文字、大切ですよね。

文字遊びとかについて、改めて考えてみなくてはと思っています。

このところ更新滞っておりますが、どうぞよろしくお願いいたします!

2015.07.05 11:07 みずすまし #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する